沖縄 消費者金融

沖縄の消費者金融の分布

MENU
RSS

沖縄の消費者金融の分布

沖縄の消費者金融の分布は、かなり地域に偏りがあるものです。沖縄の全地域にまんべんなく分布をしているわけではありません。どちらかというと一部の地域にかなり顕在しているという特徴があります。あの広い県において、一体どのような分布状況になっているのでしょうか。結論から申し上げますと、那覇市がポイントです。

 

この県の消費者金融は、ほとんどが那覇市に分布しているものなのです。思えば那覇といえば、県庁所在地なのですが。県庁所在地だからなのか、多くのクレジット会社が那覇市に存在しているのです。大体過半数程度のクレジット会社は、那覇市に存在しているのが現状です。大手の企業や中小企業を問わず、那覇市には多いです。

 

それともう一つの多い地域があります。沖縄市です。この市においては、かなり多くのクレジット会社が存在します。上記で申し上げた那覇市を含めますと、この県の大多数のクレジット会社はこの2つの市に集中している傾向があります。やはり最も多いのは那覇市と言えます。したがってお金を借りる上では、那覇市が利便性が最も高いというわけです。

 

逆に少ない地域ももちろん存在します。市区町村というくくりで申し上げると、いわゆる「群」の地域などがクレジット会社などはやや少なめとなっています。また「市」であっても、クレジット会社が少ない地域ももちろん存在します。宮古島市や名護市などは、ややクレジット会社が少ない傾向があります。以上がこの県の大まかなクレジット会社の分布ということになります。

 

消費者金融からお金を借りる前にクーリングオフ出来ませんか

高い買い物をしてしまって持ち合わせが足りない、そのために消費者金融からお金を借りよう、と考えるようなケースがある場合もあります。そのような場合は消費者金融から融資を受ける前に少し検討して見た方が良い事があります。果たしてその高い買い物が必要だったかどうかです。場合によってはクーリングオフで解決できる可能性があります。

 

クーリングオフは、特定の条件があれば契約を無効とする事が出来る制度です。例えば、訪問販売でセールスマンに言われるがまま、その場では買った方が良いと思い、高い買い物をしてしまった。しかし、少し間をおいて冷静に考えるとそんな買い物をする必要が無かった、などといった場合があります。そういった場合の消費者保護のための制度です。

 

ただ、保護といっても何でもかんでも認められるわけではないので注意して下さい。中には対象外のものもありますし、対象であっても契約無効が認められる期限があります。書面によるクーリングオフの通知から契約方法により日数は異なりますが、既定の期日があるのです。その期日を過ぎてしまうと出来ませんが、通知がされていない場合は、逆に期限が過ぎていないという事で適用できる事になります。

 

消費者金融からお金を借りても十分に返せるというのであれば問題はないのですが、無駄な買い物をしたためにお金を借りて、生活に支障が出てしまうケースもあります。もし、そのような場合は、お金を借りた後では遅いので、お金を借りる前によく見直してみて下さい。お金を借りるのは、一時的に不足しているお金を補うためで、借金を積み重ねるためではありません。返済は無理なく計画的に出来るようにしましょう。